40年以上の実績と信頼MAX MACHINERY社日本総代理店

会社沿革

1983年01月
各種流量計、圧力変換器及び制御機器等の工業計測器等の販売を目的として東京都板橋区高島平にて株式会社東洋コントロールズを設立。
1986年09月
米国MAX MACHINERY社(HEALDSBURG,CALIFORNIA)と日本輸入総代理契約を結び同社の高精度容積型流量計、燃料流量計の販売を開始。
1990年08月
EFI/DIESELエンジン高性能燃料消費量計測システムの販売を開始。
1993年05月
MAX社の協力にて米国標準局(NATIONAL BUREAU OF STANDARDS)トレーサビリティーに基づいた流量校正試験スタンド及びメンテナンス機器を設置。
2002年04月
MAX社の協力にて米国国立技術研究所(N.I.S.T.=NATIONAL INSTITUTE OF STANDARDS AND TECHNOLOGY)トレサービリティーに基づいた流量校正試験スタンド及び100MPa耐圧試験機器、メンテナンス機器をリニューアル設置。
2003年03月
高性能ポリウレタン調合プロセッサーの販売を開始。
2003年05月
MAX社より材料テスト用にデモンストレーションポリウレタンマシ ンを設置。
2004年03月
52.5MPa高圧用4-ラジアルピストンタイプ高精度流量計の販売を開始。
2007年02月
樹脂、架橋剤(MOCA,HQEE,BHEB等)のメルター装備の高精度ディスペンサーシステムの販売を開始。
2007年06月
業務拡張のため事務所及び工場を東京都板橋区泉町14-1に移転。
企業情報
  • 会社概要
  • 会社沿革